カウンセラーになるための基礎知識

 

カウンセラーが果たす役割

核家族化が進行し社会の環境が急激に変化したことに伴い、心に起因する問題を家庭内で解決することはなかなか難しくなってきています。

 

カウンセリング理論の基本

クライアントを理解するための理論、パーソナリティ理論とカウンセリングの方法論、アプローチ論です。

 

「論理療法」

これは、クライアントが持っている不合理な考え方を変えていくという療法です。

 

 

核家族化が進行し社会の環境が急激に変化したことに伴い、心に起因する問題を家庭内で解決することはなかなか難しくなってきています。

 

ひきこもり、PTSDなどで助けを必要としている方たちもいます。こうした社会にあって、心理セラピーの分野でカウンセラーが果たす役割は大きくなっていると言えるかもしれません。

 

ここで、カウンセラーになるために知っておきたい基礎知識を考えたいと思います。カウンセリングには実に様々な理論があると考えられていますが、ここでは、カウンセリング理論の基本的な2つの柱をご紹介します。

 

はじめにご紹介するのはクライアントを理解するための理論、パーソナリティ理論です。これは、「性格形成に関する考え方は、その人の問題、症状を理解する手だてになる。クライアントの悩みや問題がどのような理由、状況で起こってくるのかを知っておけなければならない」という理論です。

 

 

2つ目の柱は、カウンセリングの方法論、アプローチ論です。これは、「カウンセリングには、パーソナリティの成長を手助けしたり、問題や悩みを解決したりする方法論が必要だ」という理論です。

 

今日におけるカウンセリングは、これら2つの柱を中心として種々の理論が展開されている状況です。上記2つの柱のどちらに重きを置くかによっても、理論の形成結果が変わってきます。

 

続いて心理療法について考えましょう。例えば「論理療法」と呼ばれるものがあります。これは、クライアントが持っている不合理な考え方を変えていくという療法です。

 

人には色々な思い込みがありそれにとらわれてしまうことがあります。クライアントを縛っている思い込みをみつけ、説得してゆきます。他にも遊戯療法の一つである「箱庭療法」と言われるものもあります。

 

これは、クライアントに砂の入った浅い箱と建物や動物、植物、人間などの模型を使って自由に配置させて行き、言葉では表現できない内面が表れるのを見て、クライアントを理解してゆく療法です。

 

深層心理・潜在意識を引き出す方法

 

深層心理が存在

意識として外部に見えている表層部分だけでなく、その表層部分に奥から影響を与え、外部からは直接は見えない深海のような部分、深層心理が存在していると考えられています。

 

潜在意識

考え方や行動に影響を与える、心の奥深い層にひそんだ意識であると考えられています。

 

深層心理や潜在意識を引き出す方法

深層心理や潜在意識を引き出す方法の一つと考えられているのが、極端な質問をしてみるという方法です。

 

 

心理構造は、深海に例えることができるようです。意識として外部に見えている表層部分だけでなく、その表層部分に奥から影響を与え、外部からは直接は見えない深海のような部分、深層心理が存在していると考えられています。

 

いわば、重層的な構造になっていると考えられているのです。そして、この深層心理は病気や失恋、犯罪被害、大切な人の死などの劇的な経験や、思春期や幼少期における体験などによって形成されるとも考えられています。

 

そして、深層心理と同様、潜在意識も、考え方や行動に影響を与える、心の奥深い層にひそんだ意識であると考えられています。では、普段自覚されることのない、深層心理や潜在意識を引き出すことはできるのでしょうか。

 

深層心理や潜在意識を引き出す方法の一つと考えられているのが、極端な質問をしてみるという方法です。例えば、もし手元に「10億円があったら何をする?」と尋ねられるとします。あなたは、直感的に「学校を作ります」と答えるかもしれません。

 

こうした答えから自分を見つめて行って、例えば、自分の心の中には、「ビジネス」や「教育」といったキーワードや考えが潜んでいるのかなとか、心の中を探って行くわけです。

 

これも極端な質問ですが、「あと○年で死ぬとしたら何をする?」といった同様の質問してみることもできます。子どものためにブログを残すとか、旅行に行って、国内の全ての都道府県に足を踏み入れてみるとか、配偶者と一緒に変わらない毎日を過ごすとか、色々あるかもしれません。

 

そうした、思いついたことを手がかりに、自分の心の中を探ってみるわけです。

 

深層心理や潜在意識を引き出すシンプルな別の方法として考えられているのが、落書きをしてみるという方法です。例えば、人の顔を書いてもらいます。書いた顔を、深層心理をたどる手がかりとすると考えるようです。例えば、顔が穏やかな表情であるならば、書いた人の心のうちは安定している、醜ければ猜疑心を抱えているなどと考えてゆく方法です。

 

相手が話しやすい環境を作るコツ

相手が話しやすい環境を作るために何ができるでしょうか。コツの一つは質問をすることです。質問によって、自分が知りたいと思っている相手の情報を得ることができます。

 

そのような情報を得ることによって会話をさらに深めることができるようになります。ただし、自分の求める情報を欲しがることが前面に出てしまって、質問攻めにあっているというような雰囲気にしてはなりません。

 

一方的で目的もわからない質問が続いてしまうと、相手は不快に思ってしまい、会話を続けたいとは思わなくなってしまうことでしょう。相手に質問をしたなら、時間がかかっても、あいづちを打つなどして良い聴き手となり、相手の答えを受け止めるのです。それから次の質問を投げかけてゆきます。

 

そのようにしてゆくなら、相手も自分も会話に心地よさを感じることができるかもしれません。同じ質問をするにしても、質問の仕方に気をつけることによって、相手が話しやすい環境を作ることができるのです。

 

関連しますが、良い聴き手となることも大切なコツの一つです。そのために役立つ方法の一つに、アクティブ・リスニングという方法があります。アクティブ・リスニングとは、話す側と聴く側の真の相互理解を図る方法と考えられており、鏡映とも呼ばれることがあります。

 

聴く側が、耳に入る言葉と把握した意味とを映し出そうとするからです。方法としては、まずは十分の注意を払って、大事な点を聞き落とさないように耳を澄まします。言葉には表れないような感情をくみ取るように耳を澄まして聴きます。

 

そして、聞いた事柄を相手に向かって繰り返します。この時評価したり、批判したり、言い争ったりはしません。相手の感情を認め、自分が要点を正確に把握したことが相手に伝わるようにします。

 

おそらくそれから、相手は自分が述べたことにうなずいたり、場合によっては訂正を加えたりすることがあるかもしれません。また、さらにその話について詳しいことを話してくれるかもしれません。このようにして、会話ははずんでゆきます。

 

メンタルケアに欠かせないスキルと思考法

メンタルケアのために必要なのが、ストレスを上手にコントロールするスキルや思考法です。このスキルや思考法を身につけられるよう、助けることができます。

 

例えば、自分自身をよく知ることから始めてもらうこともできます。

 

毎日、自分の感情を正直にノートに記録してもらうのです。1日の中で、腹立たしく思ったことと、嬉しかったことなどを正直に記録してもらいます。あの人にこんなことを言われて腹立たしかったとか、あの人からこんなお褒めの言葉をいただき嬉しかったとか、脚色することなく記録してゆくわけです。

 

どんどん記録がたまってゆきます。そして記録がたまってきたら、しばしばその記録を振り返るようにしてみるのです。そうすると、自分の感情の揺れ動きについて把握できるようになってゆきます。

 

そして、自分はこんな時にこんな風に反応するのだという傾向を把握できるだけでなく、客観的に自分の気持ちを見ることができるようになるのです。続けてゆくと、以前でしたらすぐに腹を立てていたような出来事も、さほど気にならなくなるかもしれません。

 

自分を承認してあげるという思考法もポイントとなります。例えば、自分ができていることを自分で確認できるリストを作成してみることができます。今日1日について、自分で自分を褒めてあげられる事柄を書き込んでみます。自分で自分を承認してあげるというわけです。

 

それを日々続けて行きます。そうすると、一つ一つの承認が日々積み重なり、積極的な方向へと思いが向いて自信へとつながって行くことでしょう。

 

一度うつ状態などになってしまいますと、回復するまでがとても大変だと考えられています。場合によっては、元の状況に戻ることができなくなってしまうかもしれません。長い間医者通いをしたりする必要が生じることもあるでしょう。薬が合わずに苦労することもあることでしょう。

 

そうならないためにも、そうなる前にメンタルケアをしてあげることが大切になってくることでしょう。

 

メンタルケアのために必要なのが、ストレスを上手にコントロールするスキルや思考法です。このスキルや思考法を身につけられるよう、助けることができます。

要点を紹介するキャラクター

 

メンタルケアできるおすすめ資格ランキング

 

画像名を入力

メンタル心理ヘルスカウンセラーの特徴

メンタル心理ヘルスカウンセラーは、日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)が主催する資格です。この資格は、様々なストレスから起きる症状、症状別の治療方法、心理学の基礎知識を十分に理解していて、カウンセラーとして活動するレベルに達している方が認定されます。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4.5
メンタル心理ヘルスカウンセラーの総評
  • 様々なストレスから起きる症状、症状別の治療方法
  • 心理学の基礎知識を十分に理解していて、カウンセラーとして活動するレベルに達している方が認定
  • 「諒設計アーキテクトラーニング」は、メンタル心理ヘルスカウンセラーW資格取得講座を提供
詳細レビューへ公式サイトへ

 

画像名を入力

メンタル心理インストラクターの特徴

メンタル心理インストラクターは、日本インストラクター技術協会(JIA)が主催する資格です。

カウンセリングに関する知識をはじめ、チーム医療、地域精神医療、指示的カウンセリングなど、さまざまな知識を十分なレベルまで理解したことを認定する資格となっています。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
メンタル心理インストラクターの総評
  • カウンセリングに関する知識
  • チーム医療、地域精神医療、指示的カウンセリングなど、さまざまな知識を十分なレベルまで理解したことを認定する資格
  • 通信教育・通信講座のSARAスクールジャパンでは、メンタルの基本コース、プラチナコースを提供
詳細レビューへ公式サイトへ
第1位:メンタル心理ヘルスカウンセラー

メンタル心理ヘルスカウンセラーは、日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)が主催する資格です。
この資格は、様々なストレスから起きる症状、症状別の治療方法、心理学の基礎知識を十分に理解していて、カウンセラーとして活動するレベルに達している方が認定されます。

 

「諒設計アーキテクトラーニング」は、メンタル心理ヘルスカウンセラーW資格取得講座を提供しています。「諒設計アーキテクトラーニング」の通信講座は、通信教育スクール.netのアンケートで「満足した通信講座1位」に選ばれました。自宅でメンタル心理ヘルスカウンセラー資格だけでなく、メンタル心理インストラクター資格も取得することが可能となっています。

 

しかも、この講座はメンタル心理ヘルスカウンセラー資格を主催する日本メディカル心理セラピー協会、そして、メンタル心理インストラクター資格を主催する日本インストラクター技術協会より指定講座として認定されていますので、試験免除で資格が取れるのです。確実に資格を取得したいと思われている方にもぴったりの講座となっています。

 

第2位:メンタル心理インストラクター

メンタル心理インストラクターは、日本インストラクター技術協会(JIA)が主催する資格です。
カウンセリングに関する知識をはじめ、チーム医療、地域精神医療、指示的カウンセリングなど、さまざまな知識を十分なレベルまで理解したことを認定する資格となっています。

 

通信教育・通信講座のSARAスクールジャパンでは、メンタルの基本コース、プラチナコースが準備されており、メンタル心理インストラクター資格だけでなく、メンタル心理ヘルスカウンセラー資格も取得することが可能となっています。SARAスクールジャパンで使用する教材はすべて完全オリジナルで、初心者でもわかりやすい内容となっています。

 

SARAスクールジャパンの講座は「美しくなれる通信教育部門第1位」、「輝ける女性部門第1位」などにも選ばれたことがあります。こうした通信講座を活用する方が資格を早く取得できるかもしれません。学習してみてわからないことがあれば、プロの指導者に個別質問ができるので安心です。

 

一番おすすめなのは「心理ヘルスカウンセラー資格」

メンタル心理ヘルスカウンセラー資格はおすすめの資格
様々なストレスから起きる症状、症状別の治療方法、心理学の基礎知識
身近な仲間たちの心のケアをすることができる

メンタル心理ヘルスカウンセラー資格とは、様々なストレスから起きる症状、症状別の治療方法、心理学の基礎知識を十分に理解していて、カウンセラーとして活動するレベルに達している方が認定されるおすすめの資格となっています。

 

認定するのは、日本メディカル心理セラピー協会です。試験の内容ですが、例えば、メンタル心理カウンセラーの基礎知識、心理的ストレスの主な原因、心理的ストレスが招く特徴的症状、心理的ストレスによる症状、治療に関して知っておくこと、外部的治療法、内部的治療法などの知識が問われます。

 

人が大勢いる試験会場では落ち着いて試験を受けることができない、圧倒されて本来の力が発揮できないと心配される方もおいでになることでしょう。でも、どうぞご安心ください。なんと、メンタル心理ヘルスカウンセラーの認定試験は在宅受験ができるようになっています。

 

受講料もそれほど高くはありません。10,000円(消費税込み)となっています。合格基準も過度に高くありません。70%以上の評価で合格できます。受験資格も特にありません。実務経験などが必要となりますと、取得までに時間がかかりますし、それだけで面倒に感じてしまうものですが、メンタル心理ヘルスカウンセラーの取得には実務経験は不要なのです。

 

気軽にトライすることができるでしょう。申し込みはインターネットで行います。偶数月の20〜25日が試験期間です。そして答案の提出はその月の終わり頃までに返送することになります。試験は偶数月に行われています。

 

メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格はなぜオススメなのでしょうか。メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格を活かして身近な仲間たちの心のケアをすることができます。他にも、スクールや講座で講師を務めたり、カウンセラーとして本格的に活動したり、自宅で副業を行なえるようになります。

 

カウンセラーはこちら

 

まとめ

核家族化が進行し社会の環境が急激に変化したことに伴い、心に起因する問題を家庭内で解決することはなかなか難しくなってきています。

 

こうした社会にあって、カウンセラーが果たす役割は大きくなっていると言えるかもしれません。カウンセリング理論には基本的な2つの柱があります。パーソナリティ理論とアプローチ論です。今日におけるカウンセリングは、これら2つの柱を中心として種々の理論が展開されている状況です。

 

人の深層心理を引き出すことは果たして可能なのでしょうか。深層心理や潜在意識を引き出す方法の一つと考えられているのが、極端な質問をしてみるという方法です。

 

例えば、もし手元に「10億円があったら何をする?」と尋ねられるとします。あなたは、直感的に「学校を作ります」と答えるかもしれません。こうした答えから自分を見つめて行って、例えば、自分の心の中には、「ビジネス」や「教育」といったキーワードや考えが潜んでいるのかなとか、心の中を探って行くわけです。

 

さらに、カウンセリングの時などに相手が話しやすい環境を作るために何ができるでしょうか。例えば、質問をすること、良い聴き手になることを意識することができるでしょう。

 

加えて、メンタルケアのために必要なのが、ストレスを上手にコントロールするスキルや思考法です。例えば、自分を承認してあげるという思考法はポイントとなります。こうした思考法を身につけられるよう、助けることができます。

 

カウンセラーの分野で役立つ資格として、メンタル心理ヘルスカウンセラー資格とメンタル心理インストラクター資格を挙げることができます。

 

例えば、メンタル心理ヘルスカウンセラー資格を取得できるなら、身近な仲間たちの心のケアをすることができます。他にも、スクールや講座で講師を務めたり、カウンセラーとして本格的に活動したりすることができるようになります。

 

この機会に、メンタル心理ヘルスカウンセラー資格について検討してみるのはいかがでしょうか。通信講座を活用すれば、資格取得に向けて効率良く学習することができるでしょう。

更新履歴